活用の進むクラウド会計ソフト、今選ぶなら?

どのような事業を展開するにしろ、安定したビジネスとして成立させていくためには、重要な業務の代表的なひとつとして会計処理・経理業務が挙げられるでしょう。多くの場合、それは事業を通じて達成したいビジョンやミッションに直結するものではありませんが、ビジネスとして、企業として運営していく際、経営面の問題を避けて通ることはできないからです。

会計関連の業務は煩雑で手間がかかることも多く、時に本業へ費やすリソースを圧迫するものともなります。しかしだからといっていい加減な処理を続けていれば、資金繰りに行き詰まったり、法に触れてしまったりと取り返しのつかない事態も招くでしょう。

できる限り効率化して適正に処理したい、あまり豊富なリソースや知識はないけれど経営分析や資金調達に苦労しないようになりたい、税制改正や関連する法律などへの対応ももれなく行い、賢い節税も実現したい、こうした希望はどの企業にも共通するところと考えられます。

外部の専門家やサービス業者に委託することも可能ですが、コスト面やセキュリティ・安全性などの面から、できるだけ自社内で処理したいという要望も強いでしょう。そうした中、これらのニーズに応えるものとしてクラウド会計ソフトが注目され、広く導入されるところとなっています。

多様なサービスがリリースされ、市場規模も拡大の一途をたどるクラウド会計ソフト、中小企業やスタートアップ企業などではとくに欠かせないツールとして認知されていますが、いざ導入するとなると、どれを選べば良いか迷ってしまうケースも多いでしょう。

そこで今回は業界シェアトップ3を占める3社について、その特徴やメリット・デメリットをピックアップ、徹底比較を試みます。

シェアと機能をチェック!

クラウド会計ソフトで、現在業界シェアトップに立っているのは弥生株式会社の「弥生会計」です。クラウド会計への参入は3社中最も後発となりましたが、会計ソフトとしては老舗企業である弥生が手がけています。個人事業主向けの「青色申告オンライン」、「白色申告オンライン」、法人向けの「オンライン」のラインアップがあり、任意で選択して利用するかたちになります。

「弥生会計 オンライン」を選択すると、仕訳入力、会計帳簿処理、レポート集計、決算申告、取引明細データや連携する金融機関のデータ自動取得、勘定科目の自動提案といった機能が利用できます。勘定科目の自動提案は、とくに利便性の高い機能で、会計や簿記の知識がなくともスムーズに作業を進められます。

一方、入金消込や買掛金管理、在庫管理などは別ソフトが必要で、データ連携もサポートしていません。給与計算も「やよいの給与明細オンライン」などを別に用いる必要があります。仕訳データの入力においても、ショートカットキーがあまり活用できず、やや処理速度に劣るところがあるでしょう。

次にシェアの高い「MFクラウド会計」は、株式会社マネーフォワードのサービスです。無料で使い始めることもでき、クラウド会計ソフトを初めて導入するケースでも、採用を決定しやすいでしょう。

仕分入力、会計帳簿処理、レポート集計、決算申告、取引名声データや連携する金融機関の取引データの自動取得、勘定項目の自動提案、仕入れ・買掛金管理といった機能に加え、公式アプリの提供がなされています。

入金消込や経費精算、給与計算、見積書や納品書などの管理には別途「MFクラウド」シリーズのソフト利用が必要ですが、データ連携が可能となっているため、シームレスに多領域の処理を行いやすいメリットがあります。他社の会計ソフト、パッケージ版サービスなどからのデータインポート機能も充実していることから、それらからの移行を考える場合にも向いています。

デメリットとしては、勘定科目をユーザーが設定する場合など、基礎知識が必要とされる場面で入力のサポートとなる説明表示が他に比べ少ない特徴がありますから、簿記・会計がまったくの初心者が使うと、やや作業に手間取る可能性がある点が挙げられます。

「MFクラウド会計」と拮抗するシェアを有する3つ目のものが「freee(フリー)」です。freee株式会社が手がけるサービスで、クラウド会計ソフトのパイオニアとして高い知名度があります。スマートフォンアプリの機能が充実しているほか、人工知能を搭載・活用している点などが特徴的です。

仕分入力から各種会計帳簿処理、レポート集計、決算申告、取引明細データや連携金融機関のWeb明細の自動取得、勘定科目の自動提案と仕訳実行、請求書作成、不動産所得記帳といった機能が利用できます。

最も直感的に利用しやすいUIで、アプリから仕分入力に始まり申告まですべてプロセスを完結させられるのは「freee」最大の特色でしょう。Macとの相性も良く、こちらでの電子申告機能も用意されています。仮想通貨の損益計算機能など目新しい機能も多いですね。

当初は個人事業主、中小企業をメインターゲットとする仕様でしたが、現在は監査のある上場企業向けのエンタープライズプランもラインアップ、複数店舗展開を行う大規模個人事業主向けのプランなども用意されています。

デメリットとしては、多様なプランからの選択が複雑であること、フルにサポートを受けたい場合は料金が高めになることなどがあります。こちらについては、次で少し詳しく触れていきます。

料金は?コストパフォーマンスに優れるのはどれ?

「弥生会計 オンライン」、「MFクラウド会計」、「freee」のいずれもクラウドサービスで提供されており、登録費用や導入費用など初期費用は一切かかりません。パッケージ版のように製品を購入する必要もありません。

利用には月額料金のみがかかることとなりますが、「弥生会計 オンライン」は月額ではなく年払いでセルフプランが28,080円になります。サポートの充実したベーシックプランならば32,400円です。なお個人事業主で「やよいの青色申告オンライン」の機能があれば十分という場合は年額12,960円で済みます。ただし、いずれもサービスを複数人で利用する場合、その分だけライセンス追加費用が必要です(価格はいずれも税込)。

「MFクラウド会計」は、ライトプランで月額1,980円、年額21,780円、より高機能なベーシックプランは月額2,980円、年額32,780円(価格はいずれも税別)です。メンバー追加料金が無料であるため、複数人で用いる場合、ぐっとお得になります。

「freee」は、スタータープランが月額980円、年額9,800円、スタンダードで月額1,980円、年額19,800円、サポートが充実しフルに機能を使えるプレミアムが月額3,980円、年額39,800円(価格はいずれも税別)と3段階制になっています。

スタータープランは個人事業主や従業員数が5人程度の法人を想定した機能限定のプランであるため、かなり安価な設定となっているでしょう。株式会社などで利用する場合は、サポート体制なども含めてプレミアムプランが望ましく、こちらだとやや高機能ながら高額なサービスになります。また複数人で利用したい場合、管理者を含め3人までのIDはセットされていますが、それ以降の追加にはオプション料金が課されます。

サポート体制は?

最後にサポート体制で比較してみましょう。「弥生会計 オンライン」は、セルフプランを選択すると、サポートサービスが利用できず、ホームページで自ら解決する以外に方法がありません。

よってベーシックプランを選択する方が良いでしょう。こちらを選択すれば、メールとリアルタイムのテキストチャット、電話の3方法すべてによるカスタマーサポートが受けられます。また遠隔サポートや仕訳に関する質問、経理業務関連の質問・相談も受け付けており、会計ソフト老舗ならではの充実したサポート体制が整っています。サポートを重視するなら、弥生という声も多く聞かれる由縁でしょう。

「MFクラウド会計」は、ライトプランの場合、メールとチャットのみになり、ベーシックプランで電話もサポートします。コストパフォーマンスや基本的なサポート体制など、総合的にバランスのとれたサービスになっていますね。ソフトのバージョンアップもこまめに行われており、会計や簿記の基礎知識があれば、長く使い勝手の良いものとして活用できそうです。

「freee」は、メールとテキストチャットによるサポートを提供しています。電話でのサポートを受けたい場合はプレミアムプラン以上を導入しなければなりません。「チャットで相談しませんか?」のポップアップによるチャットボットのサポートが気軽に利用できて便利と感じるならば、freeeのサポートも良いでしょう。またヘルプページの情報量も多めという特色がありますから、こうしたITツールにより親しみのある人向けのサポート体制が特徴的といえます。

いかがでしたか。それぞれ似ている点もあれば、思うより違う点もあります。何を重視するか、連携させたい金融機関やシステムなど導入する環境はどうかといった点によって最良の選択は違ってくるでしょう。無料での試用も可能となっていますので、自社の仕組みに合うものはどれか、まず試してみるのも良いですね。ぜひこちらの情報も参考に、検討を進めてみてください。

(画像は写真素材 足成より)