ロボットによる業務自動化で、効率化を支援

キャプラン株式会社と株式会社パソナテックは、2018年4月20日、『貿易RPAソリューション~B/L作成業務自動化パッケージ~』の提供を開始した。

同サービスは、船荷証券(B/L)といった貿易関連書類の作成業務を、RPA(ロボットによる業務自動化)を取り入れて自動化し、企業の業務効率化を支援するというもの。貿易・国際物流業界を対象として、提供される。

大量の書類作成が必要な貿易・国際物流業界

貿易・国際物流業界では昨今、ネット通販やEC市場の拡大により扱う物量が増加している。そして、その物量増加に比例し、大量の貿易関連書類の作成が必要とされている。

しかし、現状における書類の作成は、膨大な情報を手作業でシステムに入力するケースが多い。デジタル化などによる業務の効率化が、課題となっていた。『貿易RPAソリューション』のサービス提供は、こうした状況を受けて開始されている。

同サービスでは、貿易関連書類の作成業務を対象として、RPA導入に向けた業務の分析や切り出し、診断・検証、開発や運用保守、またRPAオペレーターの派遣までを、ワンストップで提供する。

さらなる業務改善と生産性向上に寄与

キャプランは、貿易・航空・旅行業界を中心とした専門人材の派遣・紹介サービス事業や、「おもてなし」を基軸としたコミュニケーションマナー・グローバル・マネジメント研修事業などを手がける企業。パソナテックは、IT・エンジニアリング分野に専門特化した人材サービス・アウトソーシングサービスを手がけ、RPA導入支援の実績も持つ企業。

両社は、それぞれの強みを活かした『貿易RPAソリューション』により、貿易・国際物流業界のさらなる業務改善と生産性向上に寄与するとしている。

(画像はキャプランの公式ホームページより)

▼外部リンク

貿易RPAソリューション – キャプラン株式会社
https://lp.caplan.jp/houjin/lp/boueki/01

貿易・国際物流業界の業務効率化を支援『貿易RPAソリューション』開始 – 株式会社パソナグループ
https://www.pasonagroup.co.jp/