働く主婦層にアンケート調査

2018年5月21日、しゅふJOB総研(以下、同総研)は、『働き方改革による労働時間と家庭の収入』について、働く主婦層にアンケート調査(以下、同調査)を行ったと発表した。

同総研は、株式会社ビースタイルが事業運営する主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』の調査機関だ。

同調査は、ビースタイル登録者/求人媒体の『しゅふJOBパート』登録者を対象に、無記名式のインターネットリサーチで、2018年3月14日(水)~2018年3月28日(水)の期間に実施され、有効回答者数が712名であった。

調査結果の概要

働き方改革が推進されて労働時間減少を実感することが「ある」のが24.6%で、労働時間減少を実感した理由として、「時短勤務の求人が増えた」が46.9%で最も多く、「自分の労働時間が減少した」30.3%、「配偶者またはパートナーの労働時間が減少した」29.1%、「周囲や世間の雰囲気からそう感じる」25.1%と続く。

働き方改革による家庭の収入への影響では、「何も影響がない」が65.9%で、「減った」の合計が28.7%、「増えた」が3.7%であった。

自分や配偶者・パートナーの労働時間が減少したと答えた73.0%のうち、「自分の収入が減った」が43%で、「配偶者またはパートナーの収入が減った」が30%であった。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ビースタイル プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000256.000003176.html