作業着としての機能性とフォーマル感を両立

2018年5月22日、三菱地所コミュニティ株式会社は、オアシスライフスタイルグループの株式会社オアシススタイルウェア(以下、オアシススタイルウェア)と提携し、作業着としての機能性とフォーマル感を両立させたスーツ型作業着「WORK WEAR SUIT(ワークウェアスーツ)」(以下、同作業着)を、三菱地所コミュニティが管理するマンション等の管理員用制服として、随時導入していくと発表した。

マンション管理員用の制服や作業着は、清掃・設備管理業界のデザインを踏襲しているのが一般的で、顧客から認識しやすく機能的であるが、ファッション性や清潔感が不足している課題があった。

一方、ジャケット等のややフォーマルなウェアでは、清掃補助作業や巡回作業時にウェアの伸縮性や機能性が足りないことが難点である。

機能性とフォーマル感を両立させたスーツ型作業ウェアにより、顧客へのホスピタリティや管理員の業務意識を向上し、清掃作業を効率化するとともに、管理員の人材確保および業務満足度の向上を図るとのこと。

WORK WEAR SUIT(ワークウェアスーツ)の特徴

同作業着は、オアシススタイルウェアのグループ会社であるオアシスソリューション社が、水道工事メンテナンスで長年培ってきた施工現場でのノウハウを活かし、現場作業しやすいストレッチ性、防水・速乾・撥水、多収納、水洗い可、形状記憶などの高機能とともに、フォーマル感を兼ね備えた次世代のスーツ型作業着だ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三菱地所コミュニティ ニュースリリース
http://www.mec-c.com/doc/info/20180522.pdf