若年層の取り込みや女性プレーヤーの獲得など、経営課題が山積

2018年5月18日、株式会社帝国データバンクは、2018年5月時点の企業概要データベース「COSMOS2」(147万社収録)の中から、3期連続(2015年~2017年決算)で業績比較可能なゴルフ場経営業者951社を抽出し、収入高の推移などについて分析した結果を発表した。

ゴルフ業界は根強い人気を誇るが、競技人口の減少や高齢化が進む状況で、若年層や女性プレーヤーの取り込みが課題となっているほか、多くのゴルフ場が預託金の償還問題を抱えているなど、経営課題が山積している。

調査結果の概要

収入高合計は、2015年(1月期~12月期決算)の約6301億7800万円から2016年の約6478億1100万円にかけて2.8%増加したが、2017年は約6456億3300万円となり、前年を0.3%下回って減少に転じた。

また、2016年に前年より増収となった企業が359社(構成比37.7%)だったのに対し、2017年は253社(同26.6%)と約3割減少し、減収となった企業が353社増加して構成比37.1%と高い割合を占めた。

倒産件数の推移をみると、2015年は22件で3年ぶりに増加したが、以降、2016年が18件、2017年が12件で減少傾向にあった。しかし、2018年は4月までのわずか4カ月間で13件発生し、すでに前年を上回るペースで倒産が発生している。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

帝国データバンク 景気・業界の動向
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p180503.pdf