事業主の頭を抱える確定申告

毎年1月1日から12月31日までの1年間に得た所得から税率を計算し、所得税の額を算出し、税務署に所得税を納める手続きが確定申告です。

(画像はイメージです)

事業を行っている人はなじみの深いものですが、会社員でも複数の会社から一定額以上の収入を得ている場合などは申告の義務が発生します。

また納税額を算出するだけではなく、医療費が高額であった人、住宅ローンを利用している人などの場合は、払いすぎた税金を返してもらう還付金請求も確定申告の1つです。

確定申告自体は、算出された所得税を税務署に申告して所得税を納めるだけの作業ですが、この所得税を求めるまでの1年間の会計作業が手まであり、事業主の頭を悩ませる作業となっています。

その中でも特に面倒だと感じる作業が、帳簿付けです。取り引きが発生するごとにその費用を項目ごとに記帳する作業は、取り引きが多いほど作業量も比例します。

事業に専念したいのに、この帳簿の仕分け作業に多くの時間を取られるため、確定申告が手間だと感じる人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな帳簿付けの手間を減らせるクラウド型の会計ソフトをご紹介します。会計初心者でも感覚的に利用できるクラウド型の会計ソフトは近年利用者が増加傾向にあります。確定申告が手間と感じる人は、ぜひ読んで参考にしてみてください。

クラウド型の会計ソフトで減らせる手間とは?

事業を行っている人の確定申告書には、収支の内訳を記載した決算書が必要になります。この決算書を作成するために日々、収支の管理をしなければなりません。

クラウド型会計ソフトのメリットは、この手間がかかり、面倒な経理作業が初めてあっても扱いやすい点にあります。支払った費用が現金なのか、預金からなのか。などをパソコンやスマートフォン上で感覚的に選べるように工夫されており、仕訳作業がスムーズに行えます。

また、ネットバンクを利用していれば会計ソフトにネットバンクの情報を登録することで、自動で明細を取得し、さらに勘定科目も自動で推測し入力してくれます。クレジットカードの情報も登録することができるため、取り引きをネットでしている人にはとても重宝するシステムです。

帳簿付けが手間で面倒な点に、この支払った費用を帳簿に転記する作業もあげられます。クラウド型の会計ソフトでネットバンクやクレジットカードを連携させていると、日々の取り引きは自動的にクラウド型の会計ソフトに取り込まれ、手間を大幅に減らすことができます。

クラウド型の会計ソフトは無料で利用もできますが、月額利用料を支払うことでさらに充実したサポートが受けられ、不明な点はすぐに確認することができます。サポート方法も電話、メール、チャットとインターネットに接続しているからこそ、自分に合った方法でサポートを受けることができます。

クラウド型会計ソフトなら法令改正などにもすぐに対応

従来のインストール型会計ソフトの場合、税制改正や消費税率の変更など法令改正があった場合、あらたにソフトを購入してアップデートをし直さないといけませんでした。

税制改正の変更があったことの情報を仕入れなければいけませんし、何より新しいソフトを購入するため費用負担という大きなデメリットがありました。

しかし、クラウド型会計ソフトの場合は、税制改正や消費税率の変更などの税制改正には、自動で新しい法令改正に対応したバージョンアップをしてくれる機能があります。

古い法令で確定申告をしてしまった場合、その申告は間違った税額なため修正が必要となる手間が発生します。近年は頻繁に法令も改正されているため、その情報を得るだけでも事業主には大きな手間となります。クラウド型の会計ソフトなら、そのような手間を大きく減らせるメリットもあります。