完全なペーパーレス化を実現

2018年09月28日、株式会社インテックは、株式会社中国銀行(以下、中国銀行)に、地域金融機関としては初めて「F3(エフキューブ)クラウド型預り物件管理サービス」(以下、同サービス)の提供を開始したと発表した。

同サービスは、顧客から印鑑を預ることなく、タブレット画面上に電子サインをもらうだけで手続きが完結するため、完全なペーパーレス化を実現する。

中国銀行は、同サービスを2018年11月より全店で利用開始する予定。

「F3(エフキューブ)クラウド型預り物件管理サービス」の概要

F3(エフキューブ)とは、同社が提供する金融機関向け総合情報系システムの総称で、CRMシステム・コールセンターシステム・ローン自動審査システムなどの業務機能を体系化し、業務単位でコンポーネント化することで、合理的なシステム導入と拡張性を実現した。

同サービスは、顧客からの預り物件(通帳や現金など)を銀行員がタブレット端末の入力フォームに従って登録し、顧客に画面上で確認してもらいながら効率的に手続きを進めることが可能なクラウドサービスだ。

また、同サービスのペーパーレス・電子サインシステムは、株式会社スカイコムと連携して、預り物件の管理の他に、各種業務のペーパーレス化を実現するためのプラットフォームとしても利用可能である。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

インテック ニュース
https://www.intec.co.jp/news/2018/0928_1.html