会計ソフトを選ぶべき基準のダントツは使いやすさ!

年末が近づくにつれ確定申告に頭を悩ませる事業主も多いのではないでしょうか。とくに新しく事業を始めたばかりの人にとっては何をすればよいかわからないもの。

(画像はイメージです)

最近は、便利な会計ソフトも沢山出ており、どれが自分に合っているかも分からない人も多くいます。自分に合った会計ソフトを選ぶべき基準は使いやすさにあります。

分かりにくい会計ソフトは使い方を理解するだけでも時間がかかってしまいます。通常業務で忙しい事業主にとってこれは大きなストレスになります。

使いやすい会計ソフトを探しており、また会計の知識もまだ浅い人にとっておすすめはクラウド型の会計ソフトです。確定申告の作業の内、面倒とされる作業は確定申告書といっしょに提出する決算書の作成です。

この決算書の作成は、支出した経費の項目を仕訳する必要があり、この仕訳がよく分からない。と作成を断念する人が多くいます。クラウド型会計ソフトは、この仕訳が感覚的にできるよう工夫されており、またネットバンクやクレジットカード情報を登録しておくことで、自動でデータを取得してくれます。

機能やサポートの充実度にも注目!

使いやすい会計ソフトを選ぶ次の基準は、機能やサポートの充実度にも注目する必要があります。いくら価格が安いといっても機能やサポートが不十分だと結局その足らない部分を補うため、時間的労力や、出費が必要になります。

無駄な経費を支出しないためにも、機能やサポート面もしっかりと確認しましょう。サポート面の主な確認事項としては、分からない時に必要なサポートを必要な時に受けられるかです。

例えば昼夜問わず作業する人にとって、電話対応しかないところはその人にとってはサポート不足といえます。反対にパソコンに慣れておらず、電話で直接問い合わせたい人にとって、チャット機能しか使えない会計ソフトはこちらもサポート不足です。

機能についても同様です。会計の知識がある人にとっては、初心者用に作られた会計ソフトでは、逆に使い方が馴染まずストレスになります。自分の会計レベルに合った機能の会計ソフトを選びましょう。

機能やサポートが充実していると一見安心材料のように思えますが、充実し過ぎている分会計ソフトの価格が高くなっていることもあります。必要ないと判断できる部分があれば、他と比較をし、検討する必要もあります。

価格の妥当性も検討する!

インストール型の会計ソフトの場合は、税制改正や法改正があると新しいソフトを購入し、インストールしなければ更新されません。

そのままの状態で使い続けるわけにはいかず、購入するソフトの価格は1万円くらいのものから、10万円を超える会計ソフトもあります。

インストール型の会計ソフトを使いつづけるには、更新するためのソフトの価格も視野にいれておいた方がいいでしょう。

クラウド型会計ソフトの場合は、月額や年額で契約することになり、税制改正や法改正などの更新もこの使用料で行われます。自動で新しい法改正に対応するため、ソフトを購入することはありません。

クラウド型会計ソフトの場合、月額使用料の価格は1,000円くらいから3,000円くらいです。年払い契約にすることで割引されることもあります。

使いやすさ、機能、サポート面、価格など総合的に判断することで、自分にあった会計ソフトを見つけてください。各会計ソフトの情報だけでは実感が湧かない人は、無料トライアルを試してみてください。

複数の検討中の会計ソフトを実際に使用してみることも大切です。無料トライアルを試す時は、自分以外の人が会計を担当する場合、その会計担当者に使ってもらいましょう。