ビジネスのグローバル化などに伴い、偽造品被害が拡大

2018年9月25日、大日本印刷株式会社は、ラベルやパッケージ等の印刷媒体に付された個体識別番号をスマートフォンで読み取って真贋判定やトレーサビリティなどができる「DNPプロダクトID認証サービス」(以下、同サービス)を、10月1日に開始すると発表した。

ビジネスのグローバル化などに伴い、偽造品被害が拡大し、国内外で偽造品対策が社会課題になっている中、真贋判定やトレーサビリティのニーズが高まっている。

「DNP プロダクトID認証サービス」の概要

同サービスは、プロダクトID認証プラットフォームと、個体識別番号を付したブランドプロテクション用途のセキュリティ印刷技術で構成されており、さまざまな個体識別番号に対応して認証が可能で、専用アプリをダウンロードすることで、スマートフォンを読み取り装置として使用できる。

また、真贋判定結果、日時、個体識別番号などのログを活用した分析も可能だ。

なお、対応できる個体識別番号として、一次元バーコード、QRコード、ICタグ(RFID)、Digimarc Barcode技術などがある。

さらに、DNPのセキュリティ印刷技術とDigimarc Barcode技術を組み合わせることで、偽造・改ざん・複製がさらに困難になり、人の目では判別できないが、スマートフォンで簡単に認証認証可能で、ホログラムにQRコードを付した場合と同等のセキュリティレベルでより短納期・低コストで実現できる、新しいセキュリティ印刷技術を開発した。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

大日本印刷 ニュースリリース
https://www.dnp.co.jp/news/detail/1190339_1587.html