世田谷地区のさらなる活性化

2018年9月25日、小田急電鉄株式会社は、東京都・世田谷地区(下北沢駅~成城学園前駅、以下、同地区)において、「せたがや魅力再発見」キャンペーン(以下、同キャンペーン)を、2018年10月1日(月)から開催すると発表した。

同社は、2018年3月に同地区の複々線全面使用が開始し、さらに便利で快適なエリアとなったことに伴い、世田谷まちなか観光交流協会に加入している成城大学および公益財団法人世田谷区産業振興公社、および下北沢エリアの地元商店街や地元マーケティング企業とそれぞれ連携して、利用促進と情報発信につとめ、さらなる活性化を図るとのこと。

「せたがや魅力再発見」キャンペーンの概要

同キャンペーンでは、提携内容やマップなどで世田谷エリアを紹介するA4版・12ページの冊子「せたがや魅力再発見」を10月1日(月)から小田急線各駅で無料配布する。

また、11月11日(日)には、「小田急線世田谷つまみぐいウォーキング」を実施する。これは、小田急線駅係員や成城大学の学生などがすすめするOPカード優待店舗のうち5店舗を自由に選んで「つまみぐい」でき、5店舗で「つまみぐい」をした人には、踏破賞として(新型ロマンスカーGSEグッズ)も用意している、

なお、OPカードとは、ランチに立ち寄りたくなる店、酒をゆっくり楽しむバー、こだわりのお土産を販売している店舗など、世田谷の魅力を満喫できる約60店舗・施設において同カードを提示すると、優待が受けられるものだ。

さらに、同社のオリジナル企画である「小田急まなたび」では「世田谷再発見」として散歩などのイベントを開催する。

その他、下北沢地元商店会や地元マーケティング企業がタイアップして、「下北沢カレーフェスティバル2018(フードイベント)」「しもきたキッズハロウィン2018(申込制イベント)」「下北沢SAKEフェア2018(フードイベント)」などを開催する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

小田急電鉄 ニュースリリース
https://www.odakyu.jp/