電力インフラにおいて、蓄電池を活用して電力を効率的に使用

2018年10月11日、エリーパワー株式会社(以下、エリーパワー)は、東京電力ホールディングス株式会社(以下、東電HD)、関西電力株式会社(以下、関西電力)、および国内9社と連携し、大規模なバーチャルパワープラント(仮想発電所、以下、VPP)構築の実証試験(以下、同実証試験)を開始すると発表した。

昨今の電力インフラにおいて、蓄電池は、災害時等の電力喪失の緊急電源のみならず、再生可能エネルギーの蓄電や電力の需給バランス維持等、電力の効率化を図るために活用することが期待されている。

なお、エリーパワーは、2010年より蓄電システムに通信機器を搭載し、遠隔によりシステムの稼働状態をモニターするサービスを提供しており、蓄電システムの累計出荷台数は2018年度で30,000台を達成したとのこと。

大規模VPP実証試験の概要

VPPは、分散化された電源を統合制御することで、あたかも一つの発電所のように機能させる仕組みで、蓄電池を遠隔でコントロールし、電力逼迫時には放電、電力余剰時には蓄電を行うことで、電力の需給バランスを調整する。

同実証試験では、上位で統合制御する東電HDおよび関西電力からの指令に基づき、実証試験参加企業9社の400台超および一般家庭最大80棟に設置された、合計約500台(蓄電容量1.6MWh/出力780kW相当)の蓄電池の充放電制御を、エリーパワーが行う。

また、参加企業は、大和ハウス工業株式会社、大和リース株式会社、株式会社竹中工務店、三井住友ファイナンス&リース株式会社、エネサーブ株式会社、セコム株式会社、興銀リース株式会社と、その他、非公表2社になる。

なお、同実証試験の期間は、2018年10月後半~2019年2月後半の予定。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

エリーパワー プレスリリース
http://eliiypower.co.jp/vc-files/pdf/20181011.pdf