事前にチャージすることにより、小銭が不要でクラブカードポイントが貯まるポイントカード

2018年10月1日、凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)と富士通エフ・アイ・ピー株式会社は、株式会社セイコーマート(以下、セイコーマート)の運営するコンビニエンスストア全店舗で利用できるプリペイド機能付きポイントカード「ペコマカード」(以下、同カード)に搭載されるハウス電子マネー「ペコママネー」(以下、同電子マネー)に向けて、共同で運営する「サーバ管理型プリペイドASPサービス」(以下、同ASPサービス)を提供すると発表した。

同ASPサービスは、ギフトカードやハウス電子マネーの残高管理を行うリアルタイムプロセッシングサービスで、富士通グループの安全なデータセンターで運用される信頼性の高いサービスとして、既に150社を越える大手企業に導入され、同サービスが取り扱う電子マネー残高は年間で6,000億円以上と、国内随一の実績がある。

なお、ハウス電子マネーとは、自社ブランドのみで利用できる電子マネーだ。

プリペイド機能付きポイントカード「ペコマカード」の概要

同電子マネーは、同カードに搭載されて、ハウス電子マネーとして、1,000円単位で50,000円までチャージが可能で、1円単位で買い物に利用でき、買い物100円(税抜)ごとに「クラブカードポイント」1ポイントが付与され、貯まったポイントは景品交換に利用できる。

また、セイコーマートが提供中のスマートフォン向け会員証アプリ「セイコーマートアプリ」(以下、同アプリ)にも、同電子マネーを登録して、バーコードを表示することで店舗での支払いに使える機能を搭載する。

なお、同アプリには、凸版印刷の提供するCRMツール「お買い物アプリ」が採用されている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士通エフ・アイ・ピー プレスリリース
http://www.fujitsu.com/