少子高齢化と人口減少に伴う生活サービスの維持・向上

2018年10月1日、千曲バス株式会社(以下、千曲バス)とヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)は、バス路線網の維持や物流の効率化による生活サービスの向上を目的に、長野県上田市と青木村を結ぶ路線バスで、宅急便を輸送する「客貨混載」(以下、同取り組み)を開始すると発表した。

同県中部に位置する同村は、大半が山間部にある自然豊かな村で、人口約4,500人であるが、少子高齢化と人口減少に伴い、生活サービスの維持・向上が課題となっている。

このような状況において、同村や隣接する同市を中心にバス路線網を展開する千曲バスは、同村から上田方面へ通学・通勤する住民にとって、重要な生活インフラとしての役割を担っている。

取り組みの概要

同取り組みでは、同村・千曲バス・ヤマト運輸の三者が連携し、地域住民の生活サービスの維持・向上を目的とし、千曲バスの同市「下秋和車庫」から同村「青木バスターミナル」まで、路線バスを活用して宅急便を輸送する。

同取り組みにより、地域住民には、生活インフラとしてのバス路線網の安定的な維持につながり、また、宅急便の再配達や集荷の要望に対して、顧客の都合に合わせたきめ細かい対応が可能になることで、より便利に利用できるようになる。

また、千曲バスは、車両内の空きスペースで宅急便を輸送することで、路線網維持につながる新たな収入源を確保できる。

一方、ヤマト運輸は、同村を担当するセールスドライバーの運転時間が約2時間と大幅に削減されて集配効率が向上し、休憩時間が取りやすくなるなど、働く環境を改善できる上に、トラックの一日あたり走行距離を48km削減できるため、燃料費やCO2排出量の削減にもつながる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ヤマト運輸 ニュースリリース
http://www.yamato-hd.co.jp/news/h30/h30_55_01news.html