地域を応援し、消費、投資や寄附などの行動を促進

2018年10月4日、富山県の事業者・投資家によって設立したYell TOYAMAプロジェクトは、富山経済を活性化する事業「Yell TOYAMA」(以下、同事業)を2018年11月に開始すると発表した。

同事業では、地域応援通貨「Yell」(以下、同通貨)および同通貨と連携したブロックチェーンアプリケーションを活用して、観光客誘致、地域消費の促進、中小企業の資金調達などを推進する。

なお、同通貨は、単なるキャッシュレス決済の手段としてではなく、お金と一緒に地域を応援するメッセージを送る「YOSEGAKI機能」を内包するなど、地域を応援する「応援経済」を実現するための地域通貨として、SAMURAI Security株式会社が開発したもので、ブロックチェーンによって全ての取引を記録・管理する安全性の高い暗号通貨だ。

Yell TOYAMAの概要

同事業は、雄大な立山連峰を望む自然環境と富山湾の恵まれた海の幸、製薬や鋳物などの伝統産業、そして幸福度ランキング上位の常連である富山県に溢れる魅力を「価値」として国内外に流通させるプロジェクトだ。

同事業では、2018年11月にウォレットおよび市場を開設し、チケット商品や優待商品の売買、地域事業者への寄附、募金や、行政との連携を開始する。

さらに、2019年より、県内イベントへの導入、着地型観光との連携、インバウンド需要に対応するための多言語化、海外でのPRなどの活動を積極的に行い、2020年には、世界中から同事業へアクセスできる環境をつくり、富山と世界が同通貨でつながる地域創生のTOYAMAモデルを、国内外に展開するとのこと。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Yell TOYAMAプロジェクト お知らせ
https://yell-toyama.org/news-project-start-1/