会計処理の方法

会計処理を行う方法は大きく分けてエクセル、インストール型会計ソフト、クラウド型会計ソフトの3つがあります。それぞれの特徴をご説明します。

(画像はイメージです)

エクセルは、パソコンにエクセルが入っていればすぐに利用できるため導入するコストはかかりません。また、自分の会社に合わせた会計帳簿を作ることができます。

会社に合った会計帳簿が作れる反面、それを作るために作成者は、相当の会計知識とエクセル機能を使いこなせるスキルが必要になります。また、会計帳簿が完成するまでも大幅な時間が必要になります。

インストール型の会計ソフトは、パッケージの会計ソフトを購入し、自分のパソコンへインストールして使用します。外部ネットワークにつながっていなくても使用できるため、インターネットのない場所でも使うことができます。

使い方も比較的簡単で、会計や簿記の知識がない人でも使いこなすことができます。簿記をしたことある人なら聞いたことのある貸し方、借り方が分からなくても、感覚的に数値を会計ソフト入力するだけで、簡単に会計帳簿が完成します。

会計帳簿の他にも、確定申告時に必要な決算書などの資料も作成することができます。経営に力を入れたくて、会計処理の時間を削減したい人には、会計ソフトを導入することをおすすめします。

クラウド型会計ソフトは、この3つの会計処理の中で1番新しい仕組みです。使い方はインストール型の会計ソフトと似ていますが、インストール型会計ソフトではできなかったことができるようになり、さらなる時短効果を生み出したシステムです。

クラウド型会計ソフトができる時間の短縮とは?

クラウド型会計ソフトは、インターネットにつながった環境で使用する会計ソフトです。インターネットのクラウド上でデータの管理を行うため、パソコン内にインストールする必要がありません。

エクセルやインストール型の会計ソフトを使用する場合は、通帳を記帳しに銀行へ行き、取り引き明細ごとに会計ソフトへ入力する必要があります。

クラウド型会計ソフトの場合は、銀行やクレジットカードのデータを自動で取得できるように設定することができます。そのため、銀行へ記帳しに行く手間も、取り引き明細ごとに会計ソフトへ入力する手間も省け大幅な時間を短縮することができます。

また、エクセルの場合もインストール型の会計ソフトの場合も、法改正や税制改正があった場合、その都度新しい制度への対応が必要になります。

クラウド型会計ソフトの場合は、自動で新しい法改正や税制に対応してくれます。これはインターネットにつながっているからこそ実現できることであり、うっかり前の制度で会計処理をしてしまうことを防げます。また、制度の変更を調べる時間も削減できます。

短縮した時間でできること

時間を短縮できる会計ソフトを導入することで、会計処理にかかっていた大幅な時間を削減できる上に、さらに今後の経営判断をするための時間が作れるようになります。これは経営者や従業員にとってとても大きなメリットとなります。

会計情報には経営判断を左右する数値のデータが多く含まれています。月末にまとめて会計処理をするよりも、日々の取り引きがすぐに会計ソフトに取り込まれ正しい数値として見える方が、より良い経営判断ができることは明らかです。

より良い経営判断ができるということは、経費の削減にも結びつくということです。経費が削減されると、より大きな取り引きに投資ができたり、従業員にも還元できたりします。

「時は金なり」ということわざがあるように、時間を削減できるところは削減し、有効に使うことで事業はより発展し好循環を生み出します。ぜひ時間を短縮できる会計ソフトを見つけてください。