IoT・AI・ビッグデータ等の新たな情報技術を活用して設備運用を高度化・効率化

2018年10月15日、東北電力株式会社(以下、東北電力)は、変電所の運転・保修業務の品質向上および効率化を目的に、東芝エネルギーシステムズ株式会社および東芝デジタルソリューションズ株式会社が提供する「スマートグラスシステム(眼鏡型コンピューター)」(以下、同システム)の運用を開始したと発表した。

東北電力は、IoT・AI・ビッグデータ等の新たな情報技術を活用した設備運用の高度化・効率化等に取り組んでおり、2016年度より、東芝グループと共同で、変電所の運転・保修業務の品質向上、効率化および安全性向上に資する研究・検証を行っている。

「スマートグラスシステム」の概要

同システムは、作業員がスマートグラスを着用して、内蔵カメラが捉えた目線映像や音声を、現場から遠隔地にいる支援者へリアルタイムに配信することで、支援者があたかも現場にいるかのような映像や音声を共有できるものだ。

このため、遠隔地にいる支援者は、作業員と同じ映像や音声を共有しながら、ビデオ通話機能による音声伝達、さらには作業員の視界にポインターやテキストメッセージを表示させて、迅速かつ正確な現場状況を把握するとともに的確に支援することで、作業品質の向上や効率化が図られる。

また、災害等の有事の際には、スマートグラスから伝送された現場の映像や音声を、複数の事業所間でリアルタイムに共有することで、より速やかな復旧計画の立案や復旧作業等が可能となる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東北電力 プレスリリース
http://www.tohoku-epco.co.jp/news/normal/1198522_1049.html