AIによる株価予測などの取組

2018年10月15日、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)およびSMBC日興証券株式会社は、HEROZ株式会社(以下、HEROZ)とともに、人工知能(AI)「HEROZ Kishin」を活用した投資情報サービスの実用化に向けた取組に着手したと発表した。

「HEROZ Kishin」とは、将棋AIをはじめ、HEROZで培ったAI技術を活かし、これまで人間には解決できなかった問題に挑戦し、新時代を創造するHEROZ独自のAIで、SMBCグループの共創プログラムである「SMBC BREWERY」において、両者は、実証実験の好結果を背景にサービスの実用化を進めることとなった。

なお、「SMBC BREWERY」とは、SMBCグループ各社と異業種企業がアセット連携によりビジネス開発するためのプログラムで、多様な企業が一堂に会するワークショップを主軸に新しいビジネスの創出を目指しているとのこと。

投資情報サービスの実用化に向けた取組の概要

株価や決算データをもとにAIが1か月後の収益率を予測し、顧客のリスク許容度も踏まえた上で、ポートフォリオ(金融商品の組み合わせ)に成績向上が見込める銘柄をAIが提案する。

また、AIによって株価のトレンドを予測し、上昇トレンド時の買いシグナルとロスカットタイミングでの売りシグナルによって投資タイミングをサポートし、投資経験の少ない顧客であっても、株式運用を可能とする。

(画像は三井住友フィナンシャルグループ公式ホームページより)

▼外部リンク

三井住友フィナンシャルグループ ニュースリリース
http://www.smfg.co.jp/news/j110166_01.html