銀行カードローンの返済能力を上回る貸付などが問題視

2018年10月17日、株式会社マネーフォワード(以下、マネーフォワード)は、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と提携し、融資サービス契約者向けアプリ「レンディングマネージャー」(以下、同アプリ)のアドバイス機能を共同開発したと発表した。

昨今は、銀行カードローンの返済能力を上回る貸付などが問題視されており、金融機関では、過剰な貸付を防ぐため、融資上限枠の設定をするなどの対策を行っているが、他行からのカードローンの借入状況を勘案せず融資を行うケースもあり、顧客の借入状況を把握する必要性が高まっている。

このような状況で、マネーフォワードは、ドコモと提携することで、同社がこれまで注力してきた「お金の見える化」技術を活かし、お金を「借りる」ことに関する新たなソリューションを提供することになった。

「レンディングマネージャー」の概要

同アプリは、金融機関での借入から返済までのすべての手続きを行うことができる個人向けアプリで、マネーフォワードが提供する金融関連サービスとの連携機能を活用することにより、顧客の家計と借入状況を可視化し、適切な借入金額を提案、最適な返済計画をアドバイスする。

なお、対象となるのは、ドコモのプラットフォームを通じて、金融機関が提供する融資サービスを契約している顧客で、金融関連サービスとの連携データの活用は、同アプリの利用に関する同意を得た上で行う。

また、提供開始は、2019年3月の予定。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

マネーフォワード プレスリリース
https://corp.moneyforward.com/