消費税改正に企業はどのよう対応し準備していくか、対策のポイントを税理士が徹底解説

2018年10月25日、キヤノンシステムアンドサポート株式会社は、消費税改正に対応して、企業が今からやるべき対策ポイントを税理士が解説するセミナー(以下、同セミナー)を開催すると発表した。

消費税10%改正まであと1年であるが、10%への引上げに併せて軽減税率制度が導入され、さらにその4年後には、適格請求書保存方式いわゆるインボイス方式が導入される予定で、企業に与える影響はますます大きくなる状況だ。

セミナーの概要

同セミナーは、2018年11月7日(水)、14:00~17:30および2018年11月8日(木)、9:30~17:30に、東京都港区港南のキヤノンマーケティングジャパン株式会社・キヤノンSタワー(以下、同会場)において開催される。

講師は、アクタス税理士法人税理士・藤田益浩氏で、先々まで続く消費税改正に、企業はどのよう対応し準備していくか、対策のポイントを徹底解説するとのこと。

また、参加費は無料であるが、事前予約制で、11月6日(火)12:00まで申し込む必要がある。

なお、同セミナーは、同会場において開催されるIT Solution Forum in東京で開催されるイベントの一つで、他に「働き方改革関連法」「サイバー空間の脅威」などに関するセミナー、展示会や、特別講演が開催される。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

キヤノンシステムアンドサポート プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000014865.html

キヤノンシステムアンドサポート IT Solution Forum in東京
https://www.canon-sas.co.jp/ev/ITSF2018/tokyo2/