今後ニーズが高まる新しい分野の製品開発に必要な、3Dセンサー

2018年10月17日、株式会社ネクステッジテクノロジーは、ステレオビジョン方式の3Dセンサー「aeroTAP 3D USBカメラGS」(以下、同センサー)を発表した。

同センサーは、ADAS・パーソナルモビリティ・ロボット・AI・IoT・VR/MR・バーチャルユーチューバー・スマートデバイス・セキュリティなど、今後ニーズが高まる新しい分野の製品開発に必要な、3Dセンサーで、11月から出荷する予定だ。

aeroTAP 3D USBカメラGS(ステレオビジョン方式3Dセンサー)の概要

同センサーは、深度計算・カラー画像と深度画像との同期とマッピング処理がモジュール内臓のICチップで処理されるため、CPUへの負担がなく、シンプルな機構で構成でき、USB2.0/USB3.0パスパワーで接続し、複数のセンサーを同時に接続することも可能で、従来はハイマフォーマンスのCPU、GPUを必要としていたリアルタイム3D処理を安価なシステムで行える。

また、左右2つのイメージセンサーが完全に同期して撮像が行われ、深度マップをモジュールに搭載されたICチップで計算するため、深度画像とカラー画像も完全に同期し、深度画像とカラー画像のマッピング結果がカメラモジュールから得られる。

利用用途

  • モビリティロボット、ADAS用のセンサー
  • VRやMRコンテンツのインターフェイス
  • 3Dデジタルコンテンツ
  • インターラクティブ デジタルコンテン
  • 監視カメラ、見守り、セキュリティカメラ
  • 人数カウント
  • 人物動作解析
  • ゲーム
  • スケルトン追跡、人物抽出

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ネクステッジテクノロジー プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000038285.html