人材不足、採用難は各業界・企業様において共通の課題

2018年11月1日、株式会社メディアフラッグ(以下、メディアフラッグ社)は、株式会社リーガル・リテラシー(以下、リーガル・リテラシー社)と、「調査+労務コンサルティングサービス」(以下、同サービス)を開始したと発表した。

人材不足、採用難は各業界・企業様において共通の課題といえ、2018年1月に発表された財務局調査によると、人手不足と感じている企業の割合が71%に上がったとのことで、両社は、人が辞めない組織作りとして、同サービスを開始した。

なお、メディアフラッグ社は、アウトソーシング、店頭リサーチ事業、マーケティングに関わるシステム開発およびASPを展開しており、調査インフラとして、全国47都道府県のメディアクルー(登録スタッフ)数が28万人を超えている。

また、リーガル・リテラシー社は、労務改善サポート・コンサルティング事業を展開している。

「調査+労務コンサルティングサービス」の概要

同サービスでは、CS調査(顧客満足度調査)や、ES調査(従業員満足度調査)に加え、リーガル・リテラシー社の専用システム「労務AI」を使い、労務を数値化し、働く現場の「現状把握・課題抽出・改善」を支援する。

なお、人手不足解消に向けて確実な入社へつなげる面接を効率化し、採用コストを削減するために、すぐに辞めないためのフォローを行い、安定で確実な労務リスク対策を支援する。

また、想定される同サービスの導入効果としては、人材定着・離職率低下、安定したオペレーション、CS・ES向上、売上アップ&コスト削減などが挙げられる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

メディアフラッグ プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000240.000024340.html

リーガル・リテラシー 労務AI
http://open.kanrishoku.com/wp/