将来的な都市部でのドローン配送実現に向けた取り組み

2018年10月24日、楽天株式会社(以下、楽天)は、国家戦略特区である千葉県千葉市において、ドローンとUGV(Unmanned Ground Vehicle、地上配送ロボット)を組み合わせた配送の実証実験(以下、同実験)を実施し、成功したと発表した。

同社は、ドローン配送ソリューションを提供するサービス「楽天ドローン」(以下、同サービス)を2016年より開始するなど、将来的な都市部でのドローン配送実現に向けた取り組みを進めてきたが、人口が密集し、高層ビルをはじめ、建造物の多い都市部においては、配送が可能となる着陸地点から注文者の玄関口までの配送手段を構築することが課題となっていた。

実証実験の概要

楽天は、幕張新都心若葉住宅地区街づくりグループの代表企業である三井不動産レジデンシャル株式会社と同サービスを活用した事業推進を目的とする合意書を締結し、同社らが建設中の「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」のモデルルームおよびその周辺地域において、同実験を実施した。

同実験は、楽天の専用ドローン「天空」が建物前まで配送した荷物を、地上での配送を担うUGVに積載し、注文者が待つモデルルームの部屋まで届けるもので、都市部配送の普及に向けた課題点を見いだすとともに安全性について確認した。

今後は、ドローンとUGVを組み合わせた無人配送システムの早期構築を目指すとのこと。

(画像は楽天公式ホームページより)

▼外部リンク

楽天 プレスリリース(PRTIMES)
https://www.nikkei.com/