クラウドを活用した利便性の高い宅配収納サービス

2018年10月18日、株式会社トランク(以下、トランク社)とジャパンベストレスキューシステム株式会社(以下、JBR社)は、業務提携し、JBR社の利用者に向けて、トランク社のクラウド型収納サービス「TRUNK(トランク)」(以下、同サービス)の提供を開始すると発表した。

クラウド型収納サービス「TRUNK」の概要

同サービスは、普段使っていないモノをダンボールに詰めて送るだけで簡単に収納できるクラウド収納サービスで、アプリからワンタッチで集荷依頼ができる。預けたモノを一点一点写真で確認して取り出すことや、収納したまま他の利用者に売ることもできる。現在約二万人が登録している。

JBR社は、365日対応の総合生活トラブル解決サービス「生活救急車」や、日常生活での様々なトラブルに迅速に駆けつけて専門のプロが安全に解決するサービスを展開しており、最近は、収納に困っていたものやすぐには使用しないシーズンオフアイテムの整理・収納に関する問い合わせが増加しているため、同サービスを新たに開始することになった。

また、トランク社は、情報サービス業・広告代理事業・デザイン業務や、クラウド型収納を活用したシェアリングプラットフォーム事業を展開している。

なお、同サービスは、集荷や保管を行うために、配送業者のトラックや物流業者の倉庫の空きスペースを活用するシェアリングプラットフォーム事業だ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

トランク ニュース
https://www.trunk-inc.com/news/posts/61/