自分で年金を作るiDeCo

2018年10月22日、株式会社Money&You(以下、同社)は、「一番わかる 確定拠出年金の基本のき 改訂版」(以下、同書)を、スタンダーズより出版したと発表した。

自分で年金を作るiDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)は、老後に必要なお金をコツコツ貯められるうえに、さまざまな税金の節約にも役立つため、将来のお金に不安を持っている人におすすめだ。

2017年1月に法律が改正され、主婦でもフリーターでも、現役世代なら誰でも加入できるようになり、iDeCoの加入者は、2018年8月に100万人を突破し、さらに増え続けている。

「一番わかる 確定拠出年金の基本のき 改訂版」の概要

同書は、iDeCoの「何がトクなの?」「どうして使うべき?」「どうやったらいい?」を、オールカラー・豊富な図版で基本からくわしく解説しており、利益を決める商品選び、人物・年齢別のポートフォリオ(商品組み合わせ)例・困ったときの対処法まで、実際にiDeCoの相談を受けている専門家が紹介している。

なお、共著者の頼藤太希(よりふじ・たいき)氏は、慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保で資産運用リスク管理業務に従事し、2015年に同社を創業して、女性向けWEBメディア『FP Cafe』や『Mocha(モカ)』を運営するとともに、マネーコンサルタントとして、資産運用・税金・Fintechなどに関する執筆・監修、講演などを行っている。

また、高山一恵(たかやま・かずえ)氏は、慶應義塾大学卒業後、2005年に株式会社エフピーウーマンの創業に携わり10年間取締役を務めた後、同社取締役に就任し、主に女性向けに、全国で講演、執筆・監修、マネー相談を行っている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Money&You プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000013919.html