業務を整理・分析し、RPA化に適した業務を選定できる人材・仕組み造りが重要

2018年10月22日、日本電気株式会社は、企業における「働き方改革」を推進するRPA(Robotic Process Automation)ソリューションを拡充すると発表した。

RPA市場は盛況で、導入する企業が増え続け、多種多様な業種・部門での利用が進んでおり、自社の業務に最適な形で、かつ持続的にRPAを用いた業務の改善を進めるためには、RPA化に適した業務を選定できる人材・仕組み造りが重要だ。

この度、同社は、RPAのパートナーリングを拡大し、同社グループ内業務で利用するRPAの一覧にUiPath(ユーアイパス)社製RPA製品を追加して運用を開始するとともに、同社グループ内での実証成果を付加価値とし、同社製品の取り扱いを開始する。

新製品の概要

「NEC業務改善ソリューション 業務分析サービス」(以下、同サービス)の提供を、2019年2月より開始する。

同サービスは、顧客が効果的なRPA運用をおこなうための、RPA導入を支援する分析サービスで、社員のパソコン業務における操作ログから、現行業務の流れや詳細な作業内容を可視化し、RPAに適した作業候補を提案する。

また、同社のRPA製品「NEC Software Robot Solution」(以下、同ソリューション)に、社員のパソコン操作内容を詳細に記録するツールを組み合わせ、「NEC Software Robot Solution 業務分析パック」として2018年12月より販売開始する。

同ソリューションは、パソコン操作内容を記録・集計し、ロボット作成時に役立つ作業手順書を自動生成するとともに、作業の流れや手作業量の可視化機能を有しており、RPA候補作業の抽出に活用できる。

また、人のパソコン操作だけではなく、同ソリューションで作成したロボット動作のログも記録できるため、ドキュメント不足や担当者の異動などで管理・把握しきれなくなったロボットの振る舞いを可視化できるようになるなど、円滑なロボット作成・運用を支援する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEC プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201810/20181022_01.html