調査部門・IR部門・広報宣伝部門・経営企画部門などで幅広く活用可能

2018年10月22日、株式会社みんかぶは、上場企業の情報を取得・分析・可視化するリアルタイム情報サービス「MINKABU Corporate-Cue(ミンカブ・コーポレート・キュー)」(以下、同サービス)を圧倒的な低価格で提供を開始したと発表した。

同サービスは、調査部門・IR部門・広報宣伝部門・経営企画部門などで幅広く活用可能で、興味のある顧客には、無料でデモ版のID&パスワードを発行するとのこと。

リアルタイム情報サービス「MINKABU Corporate-Cue」の概要

同サービスは、最新の企業情報や決算関連情報、外部からの視点を網羅したアナリスト評価やSNSモニタリングなど、同社が収集した信頼性の高い企業情報がご利用できる。

なお、「SNSモニタリング」とは、株式会社ホットリンクが運営するクラウドサービス「クチコミ@係長」の一部機能を切り出した形で表示され、SNS(ブログ・掲示板・Twitter・2ちゃんねる)の状況を、「トレンド」「つぶやき一覧」「つぶやきの構成情報(男女比、世代比、地域比、評判比)」で確認できる。

また、メイン企業とターゲット企業(6社まで)の情報をランキングやグラフ、テーブルにして、簡単に横並びでの比較・分析できるうえに、アラート機能を利用することで、ターゲット企業の適時開示の発表時や大量保有報告書のEDINET掲載時等に通知を受けることも可能だ。

さらに、集約・分析した情報をPDF出力機能で出力することで、瞬時にレポートを作成できるため、定期的な経営陣への報告や営業活動時の説明資料としても活用できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

みんかぶ ニュースリリース
https://minkabu.co.jp/news/91