多彩な決済手段に対応したモバイルPOS・決済サービス

2018年10月23日、凸版印刷株式会社は、タブレット型専用POS端末を活用し、クレジットや電子マネーなど多彩な決済手段に対応したモバイルPOS・決済サービス「TOPPOS(トッポス)」(以下、同サービス)の提供を開始すると発表した。

電子マネーによる決済の拡大や各種フィンテックサービスの増加に伴い、スマートフォンや電子マネーカードなどを軸とした決済サービスが重要になっているが、よりセキュリティ性や汎用性が高い、専用端末への要望が高まっている。

モバイルPOS決済サービス「TOPPOS」の概要

同サービスは、モバイルPOS専用端末のため、本体に、NFC・接触IC・磁気ストライプなどのリーダライタを標準装備し、クレジット・交通系電子マネー・QRコードや、今後拡大が見込まれる非接触クレジット決済にも対応しており、防滴・防塵性能があるため、屋外のイベント会場などでも安心して利用できる。

また、各種サービスはクレジット事業者向けデータセキュリティの国際基準PCI-DSSに対応したクラウドサーバを経由して提供されるため、クレジット情報を非保持化できる上、多様化する決済サービスや対応サービスを後から追加することが可能だ。

さらに、周辺機器を接続することで、食堂決済におけるオートレジへの対応などキャッシュレスを推進し、省人化に対応する業態でも導入できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

凸版印刷 ニュースルーム
https://www.toppan.co.jp/