「貯蓄から資産形成へ」の流れを推進

2018年10月24日、KDDI株式会社とKDDIアセットマネジメント株式会社は、個人向け確定拠出年金サービス「auのiDeCo」(以下、同サービス)の提供を開始すると発表した。

両社は、「通信とライフデザインの融合」を推進し、「貯蓄から資産形成へ」の流れを推進することで、顧客の豊かな生活をサポートし、新しい体験価値を創造していくとのこと。

スマホ年金サービス「auのiDeCo」の概要

同サービスは、毎月決まった掛金を投資信託や定期預金などで積み立て、60歳以降に年金または一時金で受け取る私的年金制度で、積立期間中の掛金全額が所得控除の対象となって所得税・住民税が軽減され、運用期間中は利息・売買益などの運用収益が非課税になる。

なお、スマートフォンアプリで、申し込みから運用状況の確認・運用商品の見直しまで、年金管理に必要な機能をワンストップに集約し、アプリ上で節税金額を試算するシミュレーションが確認できるほか、毎月の掛金拠出額の状況や運用実績を日々確認できる。

さらに、顧客が保有している投資信託の残高に応じて、WALLETポイントまたはWow!スーパーポイントが還元される。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

KDDI ニュースリリース
https://news.kddi.com/