過疎地域等においては、物流および人流サービスの維持が重要な課題

2018年10月29日、佐川急便株式会社(以下、佐川急便)と北海道旅客鉄道株式会社(以下、JR北海道)は、宅配便を旅客列車で運ぶ貨客混載事業(以下、同事業)に取り組んでいくことに合意したと発表した。

自動車運送業の担い手不足と人口減少等に伴い、旅客輸送が減少しており、過疎地域等では、物流および人流サービスの維持が重要な課題となっている。

このような状況に対処するため、一定の条件のもとで荷物と旅客を運ぶ「かけもち」ができるよう、規制が緩和されたことに伴い、佐川急便は、列車を使った貨客混載事業を協働で行うために、JR北海道に相談していた。

一方、JR北海道も、列車を有効活用して収入増に繋げることから、両社で、「かけもち」実現の可能性について検討を進めてきた結果、同事業に取り組むことになった。

貨客混載事業の概要

同事業の展開を想定している範囲は、JR北海道が管轄する宗谷線 稚内駅~幌延駅間であり、稚内駅において、天塩郡幌延町で1日に配達する宅配便と旅客を旅客客車内に混載して幌延駅まで運ぶとともに、幌延町を担当するドライバーが、駅で配達荷物を受け取り配達する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

佐川急便 ニュースリリース
http://www2.sagawa-exp.co.jp/