全銀ネットの実証をアプリケーション開発ベンダーとして支援

2018年10月29日、富士通株式会社(以下、富士通)は、一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク(以下、全銀ネット)が行う、資金決済システムへのブロックチェーン技術の活用可能性に係る実証実験(以下、同実証実験)について、アプリケーション開発ベンダーとして採用されることが決定したと発表した。

同実証実験では、一般社団法人全国銀行協会(以下、全銀協)の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」を利用する。

富士通は、同実証実験を経て、キャッシュレス社会の実現に向け、先端技術を活用した新たなプラットフォームの確立を目指すとのこと。

実証実験の概要

同実証実験には、全銀ネット理事銀行が参加し、ブロックチェーン技術を活用した新たなセトルメント(銀行間決済)の仕組みとして、決済用デジタル通貨の機能を検証するとともに、ブロックチェーン技術を採用した場合の非機能面(性能・セキュリティなど)について検証し、技術の有用性を確認する。

なお、全銀ネット理事銀行は、みずほ銀行・三菱UFJ銀行、三井住友銀行・りそな銀行・常陽銀行・福岡銀行・西日本シティ銀行・三井住友信託銀行・京葉銀行から構成されている。

また、富士通は、同実証実験のICT基盤である新銀行間決済プラットフォームをブロックチェーンによって構築・提供するとともに、2017年度にメガバンク3行と開発したP2P送金プラットフォームを活用し、銀行間資金決済のトリガーとなる他行宛送金取引を発生させることで、同実証実験をサポートする。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士通 プレスリリース
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/10/29-1.html