仮想通貨による損益の計算は非常に煩雑かつ複雑

2018年10月31日、仮想通貨の個人投資家向けに損益計算ソフト「Gtax」提供する株式会社Aerial Partnersは、税理士向けの機能を追加した「Gtax税理士版」(以下、同税理士版)を11月1日にリリースすると発表した。

また、個人向けの「Gtax」も含めて全面リニューアル(以下、同個人版)し、大幅にデザインを刷新するとともに機能を追加した。

2017年、仮想通貨による所得に課税されることが国税庁から示されたが、仮想通貨による損益の計算は非常に煩雑かつ複雑で、確定申告実務に精通している税理士でも、仮想通貨取引を行った人の確定申告を行うことは極めて困難な状況になっていた。

「Gtax税理士版」の概要

同税理士版は、損益計算に対応している取引所数が21と国内最多のツールで、仮想通貨に関する顧客管理を実現し、クライアントごとの損益計算が可能であり、一つのGtaxアカウントで全クライアントに対応できる。

また、決算期が様々な法人クライアントへも対応でき、決算期に応じた1年分の損益計算が可能だ。さらに、法人や個人事業主のクライアント向けに会計システムへ記帳でき、日次での仕訳が抽出可能だ。

同社は、同税理士版を提供することで、仮想通貨の確定申告に対応できる税理士の数を増やし、仮想通貨による所得について適切な確定申告が行われるようにサポートしていく。

「Gtax個人版」のリニューアル概要

同個人版は、2017年確定申告からのユーザーの声を受けデザインを刷新し、直感的に使いやすいデザインになっており、各仮想通貨取引所での取引データの取り込みを高速化するとともに、取引履歴のダウンロード方法や計算方法について、詳細なヘルプページを充実して、はじめての計算でもしっかりサポートする。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Aerial Partners プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000030093.html