熟練者不足などにより高まる自動診断サービスのニーズ

2018年11月5日、株式会社日立製作所は、周囲の雑音に影響されず音に基づいて高精度に状況を認識することができるAI技術(以下、同AI技術)を開発したと発表した。

スマートファクトリーの実現に向けて、工場内のIoT化が進んでおり、設備の保守点検についてもセンサーなどが利用され始めている一方で、音を利用した設備点検では、センサーを使わずに、熟練者が音を聴いて経験に基づき稼働状態を診断する方法が一般的であったが、熟練者不足などにより、自動診断サービスのニーズが高まっている。

しかしながら、さまざまな設備に囲まれた工場内などでは、環境音や反響音など、多様な種類の雑音が混在しているため、設備の稼働状態を音で高精度に把握することが困難であった。

音で稼働状態を認識するAI技術の概要

同AI技術では、先ず、複数のマイクロホンで音を録音し、音が到達する時間差から推定される音源の方向や、音色の違いから推測される反響音かどうかなど、複数の観点に基づいて、雑音が混ざった音を分解する。

さらに、複数のディープニューラルネットワーク(DNN)に分解した音をそれぞれ入力し、設備や人などが置かれている状況と一致する可能性(確率)をそれぞれ計算し、その計算結果の多数決により、総合的な状況認識結果を出力する。

このように、複数のDNNの多数決による結果を確認することで、雑音に影響されにくくなり、多様な種類の雑音が存在する環境でも高精度な状況認識が可能になる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日立 ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/11/1105a.html