東京スタジアムと横浜国際総合競技場におけるメディア関係者の本人確認

2018年11月5日、日本電気株式会社は、ラグビーワールドカップ2019(以下、同カップ)の会場となる東京スタジアムと横浜国際総合競技場において、メディア関係者入場時の本人確認のため、同社の顔認証システム(以下、同認証システム)を提供すると発表した。

提供期間は2019年9月19日(木)~2019年11月2日(土)で、同カップの安全・安心かつ円滑なメディア関係者の入退場を主要な会場でサポートする。

なお、2018年4月23日(月)から7月18日(水)まで実施されたラグビーワールドカップ2019公式ボランティアの募集には、同認証システムとともに、同社の「ボランティア支援サービス」が採用されており、ボランティア業務の円滑な運営も支援している。

顔認証システムの概要

同認証システムは、同社の生体認証「Bio-IDiom」の中核技術である顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用しており、バーコード記載のIDカードと事前に撮影・登録した顔画像をシステム上で紐付けし、主要2会場のメディア入口に設置された顔認証装置を用いて、本人確認を行う。

なお、顔認証装置は、IDカードを読み取り機に着券すると即座に認証するため、スムーズな入場が可能で、IDカードの貸し借りや盗難によるなりすまし入場や、IDカード偽装による不正入場を防止することができるうえに、人手による本人確認作業の負荷を軽減し、混雑が発生するのを防ぐことができる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEC プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201811/20181105_03.html