キャッシュレス環境により新たな利用者体験を実現する、スマートシアター構想に向けた取り組み

2018年11月5日、富士通株式会社(以下、富士通)は、株式会社ムービーウォーカーと、第31回東京国際映画祭(以下、同国際映画祭)において、生体情報による本人認証技術(以下、同認証技術)を活用したチケットレス入場に係る実証実験(以下、同実証実験)を実施したと発表した。

富士通は、生体認証技術を活用したチケットレス、キャッシュレス環境により新たな利用者体験を実現する、スマートシアター構想に向けた取り組みを進めており、デジタル技術を活用した個人と場の新たな関係性の構築を目指していくとのこと。

実証実験の概要

同実証実験は、2018年10月25日から11月3日の期間、東京都千代田区の東京国際フォーラムで開催された同国際映画祭の中で行われ、実証実験への参加者は、事前に配布したスマートフォンアプリケーションに自身の生体認証方式を登録し、当日は登録した認証方式による本人認証後に配信される電子チケットを会場の入場ゲートで係員に提示して入場する。

同実証実験の結果、強固なセキュリティによる認証手段により特定された本人に対して、対象となる映画・場所・時間に限定した電子チケットの発行・運用を確認することができた。

また、同認証技術により、チケット所持者と来場者が一致することを確認できるため、転売・偽造防止を図り、当日チケットや劇場内で飲食物を購入する場合などの決済連動まで含め、手ぶらでのスムーズな劇場体験に対するニーズを確認できたとのこと。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士通 プレスリリース
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/11/5.html