文書を業務プロセスと関連付けて可視化

2018年11月13日、富士ゼロックス株式会社は、さまざまな業務において発生する文書を業務プロセスと関連付けて可視化し、効率的かつ信頼性の高い統合管理へのニーズに応えるクラウド型文書管理ソリューション「Smart Workstream(スマート ワーク ストリーム)」(以下、同ソリューション)の提供を開始したと発表した。

同社は、同ソリューションを通じ、組織の重要な知的財産となる大量の文書利用を効率化するとともに、不正なデータ改ざんを防止し、重要文書を一元的に管理することでコンプライアンスを強化することを支援していく。

さらに、AI-OCR(AIを活用した文字認識技術)やRPA(ロボットによる業務自動化)などと連携させたサービスを提供し、顧客のデジタルトランスフォーメーションを支援していくとのこと。

「Smart Workstream」の概要

同ソリューションは、文書を伴うさまざまな業務手順や承認プロセスを業務ごとにルール化し、電子文書や証跡と連携させて管理することで、組織内の一元的な文書管理と業務プロセスの整流化・効率化を支援する。

また、組織が必要とするコンプライアンスとセキュリティー要件に対応する統合的な文書管理環境を構築するために、オプションサービスで、文書保管時の多様なアクセス権限の設定や、文書改ざんを防ぎ原本性を証明するタイムスタンプ機能がある。

さらに、別途オプションとして、同社の複合機と連携して、管理者が設定する処理ルールに従い、紙文書の電子化から項目データの抽出・クラウド上の文書管理データベースへの格納までを自動化するデータエントリーサービスがある。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士ゼロックス ニュースルーム
https://www.fujixerox.co.jp/company/news/release/2018/60371