効率的かつ合理的な監視カメラの配置計画

2018年11月30日、大成建設株式会社は、BIM(Building Information Modeling)を活用して監視カメラの視認範囲を予めシミュレーションにより把握し、建築空間の設計段階で、監視カメラの適切な配置を検討できるツール「T-Sight simulator Security」(以下、同ツール)を開発したと発表した。

防災や防犯を目的として、公共エリアを対象に監視カメラを用いて網羅的に撮影・記録する監視強化策が進められているが、従来の監視カメラ配置は、平面図を用いて設置場所や撮影角度を決定しているため、死角のできやすい建物内外や、より広域な街区では、事前に空間全体を漏れなく撮影できるようなカメラ配置を決定することが困難であった。

同社は、劇場やスポーツ施設における観客席の配置設計を行う際に、座席からの見通しを解析するツールとして2016年に開発した「T-Sight simulator」の機能を拡張し、死角のない適切な監視カメラの配置を事前に選定できる同ツールを開発した。

「T-Sight simulator Security」の概要

同ツールは、画質・画角・被写体との距離に応じた解像度などのカメラ性能を考慮し、カメラ設置位置からエリア全体や被写体がどの程度の範囲や解像度で視認できるかを解析することが可能で、カメラの死角やカメラから距離が遠いエリアなども把握できる。

また、対象エリアに設置された全てのカメラの映像に基づくエリア全体や被写体の視認状況の解析結果を1枚のマップにまとめ、色別表示などで可視化することにより、一目で確認できる。

さらに、同ツールのシミュレーションにBIMを用いているため、複雑で大規模な建築空間や広域な街区でも、カメラ配置による視認状況を迅速に評価できるため、カメラ配置を繰り返し効率的に検討し、合理的なカメラ配置計画の策定やカメラ台数の適正化が可能だ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

大成建設 ニュースリリース
https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2018/181130_4528.html