沿線の価値を向上するとともに三浦半島を活性化

2018年12月03日、京浜急行電鉄株式会社(以下、京急電鉄)とタイムズ24株式会社(以下、タイムズ24)は、沿線の価値向上および三浦半島の活性化を目的に、鉄道とカーシェアリングを組み合わせてオトク・ベンリに移動する「レール&カーシェア」サービス(以下、同サービス)を開始すると発表した。

京急電鉄は、2017年4月に「みうらレンタサイクル」サービスを開始し、2017年10月からは「みさきまぐろきっぷ」のリニューアルにあわせて2階建てオープントップバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」の運行を開始するなど、新たな三浦半島の楽しみ方を提案してきた。

一方、タイムズ24は、駅や空港などの交通結節点の周辺に、タイムズカープラス車両を配備し、観光地への移動手段としても利用できる環境整備を推進し、現在、全国47都道府県に約12,000ステーション、約23,000台を提供しており、100万名を超える会員が利用しているとのこと。

「レール&カーシェア」サービスの概要

同サービスは、交通ICカード「PASMO」で京急線の指定駅を利用した乗客が、指定駅付近のタイムズカープラス(カーシェアリング)を利用した場合、その利用料金を優待するサービスだ。

さらに、タイムズカープラスで京急電鉄が運営する施設や三浦半島の観光名所を訪れると、タイムズカープラスで次回以降に利用できる電子優待券「プラスeチケット」を付与する「ドライブチェックイン」サービスも同時に開始する。

同サービスを利用することで、起伏の多い三浦半島でも、景観や名所を気軽にドライブして楽しめるとのこと。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

京急電鉄 ニュースリリース
http://www.keikyu.co.jp/