企業におけるAI活用の円滑なスタートを後押し

2018年11月16日、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、AIを活用した新規ビジネス創出や業務改善の円滑なスタートを支援するAI活用支援プログラム(以下、同支援プログラム)を開始すると発表した。

近年、多くの企業がAIを活用したビジネスに取り組んでいるが、AIを実証実験し検証した後、次の段階に進むには、自社ビジネスの課題の整理やAIの活用方法などに習熟する必要もあり、ノウハウや知見の共有が求められている。

AI活用支援プログラムの概要

同支援プログラムは、最大30名の集合型1日研修コース「AI Business Academy」と、AI活用の課題整理や活用方針の策定などを支援する1ヵ月間のコンサルティングサービス「AI活用ナビゲーション」から成る。

このうち、「AI Business Academy」は、AIを活用した新規ビジネス創出や業務改善を、顧客主導で実現するもので、講座形式で、AIを取り巻く市場の動向・AI概論・導入事例・AI導入時のよくある失敗例などについて学んだのち、ワークショップ形式で、自社の課題の洗い出しから実際にビジネスや業務改善の企画・発表までを行う。

また、「AI活用ナビゲーション」は、合計5回のミーティングを通じて提供し、AI関連の技術に精通し業務への適用経験が豊富なエキスパートが、顧客のAI活用における課題を短期に解決する。

(画像は伊藤忠テクノソリューションズ公式ホームページより)

▼外部リンク

伊藤忠テクノソリューションズ プレスリリース
http://www.ctc-g.co.jp/news/press/20181116a.html