女性の平均年収を職種別、年代・年齢別、都道府県・エリア別にまとめた

2018年12月03日、パーソルキャリア株式会社は、同社が運営する転職サービス「doda(デューダ)」において、「女性の平均年収ランキング2018」(以下、同女性ランキング)を発表した。

同女性ランキングは、2017年9月~2018年8月の1年間にdodaエージェントサービスに登録した、20~65歳のホワイトカラー系職種正社員男女約36万人の平均年収を元に、女性の平均年収を職種別、年代・年齢別、都道府県・エリア別にまとめたものだ。

調査結果の概要

女性の平均年収ランキングは、1位が「業務改革コンサルタント」642万円、2位が「弁護士」632万円、3位が「アナリスト(金融系専門職)」603万円という結果になり、上位20位のうち、最多ランクインした職種は、「コンサルタント・専門事務所・監査法人専門職」(7職種)であった。

年代・年齢別では、20代の平均年収が319万円、30代が382万円、40代が413万円、50代以上が442万円であり、年代別の年収分布を見てみると、20代は300万円未満、30代・40代・50代以上は300万円~400万円未満の層の割合が最も高くなった。

都道府県・エリア別では、北海道・東北エリアが312万円、関東エリアが368万円、東海エリアが326万円、北信越エリアが308万円、関西エリアが326万円、中国・四国エリアが313万円、九州・沖縄エリアが308万円という結果になった。

男性の平均年収と比較すると、20代では48万円、30代では105万円、40代では170万円とその差が広がっていることが分かる。
管理職の割合が高い男性の方が平均年収もおのずと高くなるということだろうか。
女性活躍推進の真っただ中だが、この差が無くなる時は訪れるのか。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

パーソルキャリア ニュースリリース
https://www.persol-career.co.jp/