クレジットカード関連のシステムに関係なく、カード情報を利用

2018年11月20日、凸版印刷株式会社は、クレジットカードの利用情報を活用し、クレジットカード関連のシステムに依存しないオープンプラットフォームで、同社メディアから店舗への集客を促す「トッパンCLO(Card Linked Offer)サービス」(以下、同サービス)の提供を来春より開始すると発表した。

CLO サービスとは、クレジットカードの決済情報にもとづいて、クレジットカード会員へ加盟店のキャンペーン情報を配信するサービスで、会員がキャンペーンに事前エントリーした上で、加盟店で指定のクレジットカードで決済を行うと特典を受けられる送客施策だ。

近年は、QRコード・バーコード・電子クーポンなど様々な決済手段でWebやスマートフォンから実店舗に送客するサービスが急速に拡大しているが、店舗側では、多様な決済手段を認証するために、追加機器の導入やレジの改修など、業務負荷が増える問題があり、ユーザーにとっては、キャンペーンやクーポン発行が乱立して混乱を招いていた。

「トッパンCLOサービス」の概要

従来の一般的なCLOサービスは、クレジットカード会社ごとのプロモーション施策になっていたが、同サービスの参加店舗は、クレジットカード会社に関わらず、クレジットカード決済手段だけで店舗への集客が可能になる。

また、送客したユーザーのクレジットカード決済額に応じた成果報酬型システムなので、プロモーション媒体費用の一切が不要になり、費用対効果を明確にできる。

今後、電子チラシサービス「Shufoo!」との連携を予定しており、月間1,100万人のユニークユーザーに対してリーチすることが可能になる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

凸版印刷 ニュースルーム
https://www.toppan.co.jp/