水素エネルギー社会の実現と普及に向けて貢献

2018年11月21日、日鉄住金パイプライン&エンジニアリング株式会社(以下、日鉄住金P&E)は、本田技研工業株式会社(以下、ホンダ)が、11月21日より受注を開始する「スマート水素ステーション(SHS)70MPa」(以下、同水素ステーション)について、製造に関する協業を開始すると発表した。

日鉄住金P&Eは、エネルギー・インフラに関する豊富な経験と高いエンジニアリング力により、今後とも、水素エネルギー社会の実現と普及に向けて貢献していくとのこと。

「スマート水素ステーション(SHS)70MPa」の概要

同水素ステーションは、ホンダ独自技術の高圧水電解システムにより、コンプレッサーを使用せず高圧化できるため、コンパクトなサイズ(本体サイズが奥行2250×幅3700×高さ2500mm)であり、再生可能エネルギーなどの電気で水を電気分解して水素を製造し、水素製造量が2.5kg/日、充填圧力が70MPaで、水素貯蔵量は15度Cの場合で約15kgだ。

また、日鉄住金P&Eは、同水素ステーションをパッケージ化するに際し、専用蓄圧器を設計し、新日鐵住金株式会社の高圧水素用ステンレス鋼「HRX19(R)」を採用するとともに、バルブユニットを溶接構造とすることで、メンテナンス性を向上させ、極限までレイアウトをコンパクト化して、イニシャルコストとメンテナンスコストを低減するために協力してきた。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日鉄住金P&E ニュースリリース
https://www.nspe.nssmc.com/news/pdf/20181121_01_NSPE.pdf