市域南部の大多数が山林地域で人口減少・高齢化が進む島根県益田市南部

2018年11月22日、株式会社ドローンクリエイト(以下、ドローンクリエイト)は、協業する事業者4社・団体と、島根県益田市において、中山間部に居住する高齢者などの生活の質を向上させるために、無人航空機(ドローン)と人工知能(AI)を活用した物資輸送の実証実験(以下、同実証実験)を11月26日から開始すると発表した。

県内最大面積を有する同市は、市域南部の大多数が山林地域であり、1990年代ころから人口減少・高齢化が進んでいる。

このような状況で、地域に居住する高齢者・外出困難者に対し、栄養改善・確保を目的とした食事療養食の調理・宅配が実施され、一人暮らしや体の不自由な高齢荷受者の「健康状態の確認」も宅配事業の一つであるが、配達範囲の広さや確認作業の負担から、多大な労力とコストが発生している。

実証実験の概要

同実証実験では、ドローンに搭載したカメラを含むセンサーとクラウド上のAIを連携して、荷受側におけるドローンの安全着陸・物資の荷受確認・荷受人の健康状態確認・荷受後のドローンの安全再離陸を実施し、荷受や健康状態のAIによる分析結果は、発送側だけでなく、必要に応じて地域の行政機関・医療機関にも通知される。

検証期間は2018年11月26日(月)~2019年3月31日(日)とし、航行ルートの確立や安全確認などの予備実験から開始し、実際の物資輸送実験を12月17日から実施する。

なお、同市で2019年4月にドローンスクールを開校しているドローンクリエイトと、ミツイワ株式会社・株式会社セベック・一般社団法人日本UAV利用促進協議会がドローンによる物資輸送、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社が画像認識AI 「Deeptector」で協力して同実証実験を展開する。

また、同市と公益財団法人しまね産業振興財団しまねソフト研究開発センターが、フィールド調整や地域の課題抽出などで地元から後押しする。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NTTコムウェア ニュースリリース
https://www.nttcom.co.jp/news/pr18112203.html