さまざまな産業分野の課題解決に貢献

2018年11月21日、東芝デジタルソリューションズ株式会社は、同社のAI分析に関する知見を集積・標準化し、目的ごとに特化させたAI分析サービス「SATLYSKATA(サトリスカタ)」(以下、同AI分析サービス)を商品化していくと発表した。

商品化の第一弾として、「SATLYSKATA保守部品在庫最適化」(以下、同保守部品在庫最適化サービス)と、「SATLYSKATA作業行動推定」(以下、同作業行動推定サービス)の2つのクラウド分析サービスの提供を開始し、順次、サービスラインナップを増やしていく。

東芝グループでは、長年のものづくりの知見や、世界で評価される強いAI技術を保有し、高精度な識別・予測・要因推定・異常検知・故障予兆検知・行動推定などで、さまざまな産業分野の課題解決に貢献しており、同AI分析サービスは、データ分析からシステム構築・マネージドサービスまでをカバーし、顧客の課題解決を支援している。

「SATLYSKATA保守部品在庫最適化」の概要

同保守部品在庫最適化サービスは、過去の保守履歴データから保守部品種ごとの故障モデルを作成し、いつごろ、どれくらいの故障が発生するのかを予測して、最適に在庫を管理する。

このため、AIの専門知識をもたない人でも、過剰な保守部品の保管や廃棄のコストを削減し、保守の継続性を担保しながら棚卸資産を圧縮して、保守部品の在庫最適化を実現できる。

「SATLYSKATA作業行動推定」の概要

同作業行動推定サービスは、作業者が装着したリストバンドなどのウェアラブルデバイスを用いて、腕の動きの加速度データから装着者の行動をディープラーニング技術で推定する。

東芝グループの東芝ロジスティクスでは、作業を見える化し課題を掘り下げることで、物流倉庫のピッキング作業時間が約15%短縮されたとのこと。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東芝デジタルソリューションズ ニュースリリース
https://www.toshiba-sol.co.jp/news/detail/20181121.htm