案内コミュニケーションAIの実用性とAIコミュニケーションツールの優位性を検証

2018年11月27日、凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)は、東京駅において、駅および商業施設を案内するコミュニケーションAIの実証実験(以下、同実証実験)として、チャットボット搭載のスマートスピーカー(以下、同スピーカー)と多言語AIサイネージ「BotFriends Vision(ぼっとふれんず ビジョン)」(以下、同サイネージ)を、2018年12月7日より設置すると発表した。

同実証実験は、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)が設立した「モビリティ変革コンソーシアム」(以下、同コンソーシアム)の一環として実施され、凸版印刷は、案内コミュニケーションAIの実用性とAIコミュニケーションツールの優位性を検証する。

なお、同コンソーシアムは、交通事業者、国内外のメーカー、大学・研究機関、行政機関など、多くの関係者が参画し、様々な社会課題の解決や次代の公共交通についてオープンイノベーションでモビリティ変革を目指す。

実証実験における凸版印刷の施策

同駅のコンコース内に同サイネージを設置し、来場者への案内や問い合わせの多言語対応を通して、騒音環境下でのスピーカー実地検証と地図や画像を用いた情報提供の精度を向上させるための調査を行う。

なお、凸版印刷が提供する最新の多言語音声翻訳サービス「VoiceBiz」を活用し、30言語の中から選択した言語に自動で翻訳し、瞬時に音声やテキストで出力する。

また、チャットボットプラットフォームに凸版印刷の「BotFriends」を活用し、用意された質疑応答集の通りに回答するのではなく、利用者の気持ちに寄り添った「おもてなし」対応を行うほか、最適な経路情報を提供する「駅すぱあと」と連携して乗換案内や時刻表情報を表示する。

さらに、同駅のインフォメーション窓口にTIS株式会社が提供するチャットボットプラットフォーム「DialogPlay」搭載の同スピーカーを設置して、駅員の訪日外国人観光客対応を支援し、同実証実験では、多言語音声入出力の実地検証とチャットボットによるコミュニケーションの技術的課題を抽出する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

凸版印刷 プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000148.000033034.html