企業のSNSマーケティング力最大化に貢献

2018年11月27日、凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)は、株式会社Qurate(以下、Qurate)と協業し、企業のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)マーケティングを最適化する管理・運用サービス(以下、同サービス)を開発したと発表した。

あらゆるものがデジタルでつながり、ビッグデータの活用にも、より一層の期待が集まっている中で、企業は事業活動で得られるビッグデータを収集するだけでなく、そのデータをいかに解析し、次の事業活動に活かしていくかが重要になっている。

このような状況で、BtoBマーケティングにおけるノウハウを持つ凸版印刷と、コンテンツマネジメントシステム(CMS)開発のノウハウを持つQurateが融合することにより、同サービスを開発した。

なお、2018年12月からトライアル版の提供を開始し、2019年2月に正式販売をする予定だ。

SNSマーケティングを最適化する管理・運用サービスの概要

同サービスは、企業が運用する各種SNSでの情報発信や投稿内容を一元管理するとともに、投稿への反応を統合的に分析して、効率的なデジタルマーケティングを実現できる。

具体的には、予約投稿機能により、決まった日時にSNS投稿でき、投稿承認機能により権限をメンバーに付与することで、投稿者と承認者を一元管理でき、傾向分析により、特定の期間における最新状況や、各投稿に対する反応を時系列でグラフ化し視覚的に分かりやすく表示できるため、投稿をした各種SNSの状況をまとめて確認できる。

また、画像管理機能により、各種SNSに投稿する画像を一か所に集約できるため、複数人の運用で分散しがちな画像データを一括管理・利用でき、作業効率が向上する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

凸版印刷 ニュースリリース
https://www.toppan.co.jp/