ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業を展開

2018年12月4日、株式会社ABEJA(以下、ABEJA社)は、シリーズCのエクステンションラウンドとして、Google等を新規引受先とした第三者割当増資を行ったと発表した。

ABEJA社は、ビックデータから、そのデータを適切に表現する特徴量を自動的に抽出する「ディープラーニング」を活用し、ビジネスのイノベーションを促進するベンチャー企業で、コア技術であるAIプラットフォーム「ABEJA Platform」を提供しており、ダイキン工業・武蔵精密工業・小松製作所等と協業(以下、同協業)して、150社以上でAIを運用している。

また、小売・流通業界、製造業界、インフラ業界向けのパッケージサービス「ABEJA Insight」を提供しており、これまで、パルコ、ICI石井スポーツ等、国内大手小売・流通企業を中心に約100社520店舗以上への導入実績を有する。

AI/ディープラーニング領域で協業開始

今回の出資により、これまでの累計調達額は60億円を超えた。

ABEJAとGoogleは、AI市場をさらに拡大するため、小売業や製造業を含むさまざまな分野において、AI/ディープラーニング領域で協業し、AIの社会実装を推進していくとしている。

なお、Google Cloud Japanの日本代表・阿部伸一氏は、「ABEJA社は、機械学習領域の優れた技術力のみならず、日本のAI市場において数多くの企業と実装レベルでの協業実績を持っており、この度の投資は、さまざまな産業において革新的なソリューションを提供していくための大きな一歩」と述べている。

また、ABEJA社代表取締役社長・岡田陽介氏は、「Googleとの協業を通じて、国内におけるAI市場を拡大し、あらゆる業界の産業構造変革をさらに推し進める」と述べている。

(画像はABEJA公式ホームページより)

▼外部リンク

ABEJA プレスリリース
https://abejainc.com/ja/news/article/20181204-2352