飛行支援地図サービスと保険をセット

2018年12月5日、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(以下、JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社(以下、ブルーイノベーション)および損害保険ジャパン日本興亜株式会社(以下、損保ジャパン日本興亜)は、ドローン飛行支援地図サービスに保険をセット化した「SORAPASS care」(以下、同セットサービス)を販売すると発表した。

ドローンは、さまざまな分野において利活用が急速に進んでいるが、ドローン同士の衝突や有人機との衝突による事故を防ぐために、ドローンの位置情報をリアルタイムで把握、共有することが喫緊の課題となっている。

一方、JUIDAとブルーイノベーションは、2016年5月から、飛行前に飛行禁止エリアや気象情報を確認し、国への申請書・報告書の作成をサポートするドローン飛行支援「SORAPASS(WEB版)」(以下、同地図サービス)を提供している。

同地図サービスをもとに、ホビー・商用にかかわらずドローン利用者自らが自機の使用状況、緊急連絡先を発信し、他者と飛行エリアを共有する機能を新たに開発して、損保ジャパン日本興亜が提供する保険とセット化して、同セットサービスを提供することとなった。

「SORAPASS care」の概要

同セットサービスは、飛行禁止エリアや飛行可能施設の最新情報を閲覧でき、自分の飛行エリアの発信・他機との飛行エリアの共有が可能なため、ドローン利用者同士や有人機・ドクターヘリ等ドローン利用者以外へ情報を提供して、事故を未然に防ぐ。

また、飛行が禁止されるエリアでも、飛行許可申請を取得することでドローンを飛行させることが可能となる。

万が一事故が発生した場合には、趣味利用・業務利用を問わず、ドローンの所有・使用・管理に起因した事故により、他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊したりしたことによって、補償対象者が法律上の賠償責任を負った場合に、同セットサービスの保険で、1億円を限度に保険金を支払う。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

損保ジャパン日本興亜 ニュースリリース
https://www.sjnk.co.jp/