豊富な投資経験と優れた運用実績を有するリーディング企業

2018年12月6日、Beyond Next Ventures株式会社は、東海地区産学連携大学コンソーシアムを構成する名古屋大学、名古屋工業大学、豊橋技術科学大学、岐阜大学、三重大学(以下、東海広域5大学)に由来するスタートアップへの投資を目的とする「名古屋大学・東海地区大学広域ベンチャー2号ファンド(仮称)」(以下、同ファンド)の運営事業者に選定され、2018年12月4日に、協定書(以下、同協定書)を締結したと発表した。

同社は、2014年8月に創業した、技術系スタートアップへのインキュベーション投資に特化した独立系アクセラレーターで、大学シーズの事業化支援から、ベンチャー投資、成長支援、EXITまでに渡る豊富な投資経験と優れた運用実績を有し、JSTの大学発新産業創出プログラム(START)の事業プロモーターや、NEDOの研究開発型ベンチャー支援事業の認定を受けている。

また、累計100億円超のファンドや、国内の大学発スタートアップに出資し、その成長を支援してきており、2018年より、これまで培ってきたアカデミアシーズを事業化するノウハウの知見や経験を広く社会に還元するために、複数の大学の公認アクセラレーターとして事業化支援を開始した。

「名古屋大学・東海地区大学広域ベンチャー2号ファンド」運営事業の概要

同協定書は、東海広域5大学にある研究シーズの起業化促進及び東海広域5大学に関連するスタートアップに対する総合的支援等を行うための協力に関するもので、同社は、東海広域5大学と連携し、教職員・学生・卒業生が有する研究成果等の事業化・起業支援、スタートアップへの出資・成長支援といった活動を実施していく。

このため、2019年初旬を目標に、同ファンドを設立する予定であり、東海広域5大学発スタートアップに対して、起業準備から、起業後のエクイティ資金の提供、事業成長までを一貫してサポート可能な体制を構築していく。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Beyond Next Ventures ニュース
http://beyondnextventures.com/pr20181206.pdf