工場内作業者動線の最適化を検証

2018年12月10日、富士通フロンテック株式会社(以下、富士通フロンテック)と、株式会社富士通アドバンストエンジニアリング(以下、富士通アドバンストエンジニアリング)は、工場内のピッキング作業に係る動線分析ソリューションの実証実験(以下、同実証実験)を、2018年12月10日(月)~2018年12月14日(金)の期間、富士通フロンテック新潟工場で開始すると発表した。

同実証実験を通じて、工場や倉庫など様々な環境において電源不要であることを活かした富士通フロンテック製「太陽電池センサー付きビーコン」の最適な設置および運用ノウハウを蓄積するとともに、富士通アドバンストエンジニアリング製「GLOVIA ENTERPRISE MES Smart Shop-Floor」を連携させた動線分析の手法を検証する。

実証実験の概要

同実証実験では、ピッキングエリアと組み立てラインの合計20ヵ所に「太陽電池センサー付きビーコン」を設置するとともに、ピッキング台車に受信機を設置して、作業員がピッキング台車を使用してピッキングしている場所をビーコンの位置情報をもとに検知し、位置情報データをセンサープラットフォーム(クラウド)で集約する。

また、「GLOVIA ENTERPRISE MES Smart Shop-Floor」でピッキング台車の位置情報を可視化して動線情報を分析し、ピッキングの効率化を図る。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士通フロンテック プレスリリース
http://www.fujitsu.com/