ブラウンやサリーなど様々なキャラクターデザインが可愛いスマートスピーカー

2018年12月10日、LINE株式会社は、AIアシスタント「Clova」を搭載したスマートスピーカー「Clova Friends」「Clova Friends mini」において、ユーザー個人のLINEアカウントで、音声によるLINEメッセージのやりとりが可能となったと発表した。

「Clova Friends」シリーズは、ブラウンやサリーなど様々なキャラクターデザインが可愛いスマートスピーカーで、AIアシスタント「Clova」を搭載しており、『ねぇClova』と話しかけるだけで、ニュースや天気などの情報検索、音楽再生・占い、LINEメッセージの送受信、無料音声通話などのコンテンツ・サービスを、音声だけで簡単に操作できる。

さらに、2018年8月にオープンした「Clova スキルストア」は、業や開発者が作成した機能をユーザーに提供し、音声だけでタクシーを配車することや、有名な小説集を音声で聞くなど、様々なスキルが追加された。

普段利用しているLINEアカウントで音声によるメッセージの送受信

今回追加された機能では、普段から使用している「個人アカウント」と「Clova専用アカウント(旧家族アカウント)」のどちらかを選択して、ユーザー自身のライフスタイルにあったアカウントで利用できるようになった。

また、追加した1つのグループ内で、LINEメッセージのやりとりが完結するため、スマートフォンを持たない子どもでも安心して利用できる。

さらに、『個人アカウント』の利用がスタートしたことに伴い、登録された声で認証をする声認証機能(β版)を提供しており、他人によるLINEメッセージの送受信が防止される。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

LINE ニュース
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2534